« 月・金星と火星 (フィルム版) | トップページ | やっと出ましたね »

2015年4月29日 (水)

今年初めての高嶺

25日に開通された平谷村高嶺山に行ってきました。先週も行くつもりで、向かったのですが、会長Iさんからの連絡で、まだ冬季通行止めとのこと、二人して茶臼山面の木に変更したので今年初めての高嶺です。高嶺に上る途中、平谷村役場の方が、言っていた壁面の崩落があった跡が残っていて、見上げると、今にも落ちてきそうで、そそくさと、通過し無事山頂到着。
4時半ころ着きましたが、すでに、先客のネジリンボさんは、赤道儀を組み立て最中でした。
そうこうしているうちに、中天の会長さんも到着し、また、のんたさん、AさんやSさんも到着。また、中天以外の何人かの方が、準備にかかっていました。

空の方は、夜半過ぎに月が沈みましたが、春霞?で今一歩と言ったところで、南の低空は、雲もでてきました。
久しぶりなので、トラブルで、成果は少々といったところです
 もともと、技術がないので、成果は望むべくもないのが、さらにトラブルもあって、
時間に追われたりと相変わらず、どたばたしていました~

 とりあえず1枚、処理といったものではないのですが、見えるようにしたのでアップします。
 後日、キチンと処理するつもりです(5月連休は、実家に帰らんといかんし、する時間あるかなぁ、技術もないので、時間がかかるんですよ)(^_^;)

New22_convert_20150429230201

2015年4月26日 1:29~4分露出×14枚=56分露出
FSQ106ED 0.72×レデュサー 380mm
eos6D seo-sp4c改造 iso1600

本当は、16枚撮ったのだが、人口衛星が入って、そのコマをカットした為、中途半端なコマ数になってしまいました。
CCDSTACKで人口衛星を消せると教えてもらったので、ダウンロードして、資料やネットを参考にやってみたが、できなかった。だれか、help me

« 月・金星と火星 (フィルム版) | トップページ | やっと出ましたね »

コメント

先週は高嶺でご一緒でき嬉しかったです。久しぶりの高嶺でしたが、はやり標高もあり月が沈んだ後の天の川の輝きにはちょっと感動しました。
ぼくも800mmでアンタレス付近を4コマモザイクで撮影したのですが、Photomargeでうまく繋がらず没となりそうです。なんでかなあ?

ご無沙汰しています。
遠征の様子は、のんたさんやねじりんぼさんがBLOGに書かれていました。

人工衛星消去の件ですが、
UTOさんのページを見てみましたか?
http://oozoradigital.web.fc2.com/sakugo/CCDstack/CCDStack.html
私は、STD sigma rejectで消しています。
枚数が少ないと消えない事がありますが、16枚あれば大丈夫だと思います。

のんたさん コメントありがとうございます。
やはりひさしぶりの高嶺は、よかったです。今年のシーズンの開幕戦でわくわくしました。
私もトラブリ、焦りました。シーズン開始直後ですからと、思い直して次回からスムーズにいくよう事前準備を怠りなくやりたいと思います。
今シーズンもよろしく。

GENTAさん コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しています。
遠征の様子は、のんたさんやねじりんぼさんと被ってしまいました。今後気を付けます。
人口衛星の件ですが、以前GENTAさんに教えていただいた資料とUTOさんのページを見てやったのですが、よく理解できなくくて、うまくいきませんでした。再度、一からやってみます。


いや~ そういうつもりで書いたのでなくて、中天の皆さんは結束が高いなぁ と思った次第です。
こちらの遠征では、いつもひとりかふたりで寂しい思いをしています。
みんなで報告し合う って、羨ましく思います。

CCD Stackの手順はStak-RegistarでCCDISを選択(有償のCCDInspectorありの場合)
しalign allをクリック
次は同じRegistration画面でApplyを開けBicubic B-splineを選択しApply to Allをクリック

次に、Stak-Normalize-Control-Borth ここでバックグラウンドと明るい部分を画面に従って選択

Stak-Data Reject-Procedues
Data Rejectの上の枠内は、STD sigma rejectを選択
一番上のチェックは外す
二番目のsigma muliplierは2
三番目のiteration Limitは2 チェック要
ここで、sigma muliplierの数字を変えて人工衛星のみ赤くなる数値を探します。

あとは、メニューバーから、Combine-Meam(加算平均)
最後はFile-Seveで一番下に出来たファイルを選択してThis saveです。

CCDInspectorを購入されていないようなら、是非 お勧めします。

GENTAさん コメントありがとうございます
中天の結束があるとしたら、年数が長いから、自然と集まる感じかと思います。

CCDSTACKで人工衛星の消し方ですが、教えていただきた通りで、できました。
本当にありがとうございました。
思い違いがあって、もっと、資料やネットを読めばすんなりとできたかも知れません。
とりあえず、CCDISなしでも、人工衛星除去はできましたが、他に効果があれば入れたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月・金星と火星 (フィルム版) | トップページ | やっと出ましたね »