« 遠征結果 NO.3  カタリナ彗星 | トップページ | FSQ106ED F3レデュサースケアリング調整 »

2016年2月10日 (水)

遠征  トラブルとCANONの対応(-_-メ)

先週末、天気が回復する見込みだったので、エムティさんと遠征に行きました。
その様子は、エムティさんのブログに載っていますので、見てください。
ブログの中の同行者っていうのが、私です。トラブルの連続というかオンパレードでした。
今後の為に、書きとめておきます。
それとトラブルの原因の一つの解決に伴うCANONの対応についても、記録します。
では、
① 防寒着を忘れて、高速にのってから気づき、途中で降りて「シマムラ」でセーターを買う
     どうも、スタートからつまづきの始まりでした
② 遠征地に着いて、セットして撮り出したら、PC画面に6Dの EOS UTIRITYが、無くなった。
  原因はUSBケーブルとカメラ側ミニUSB口との接続が甘くなって、テンションがかかると、接続切れたよう。
  これは後述します
③ いろいろあったが、安定して撮り始めたので、エムティさんと話していて、ちょっと向きを
   変えた時にUSBケーブルをなんと3本(PHD、6Dカメラ、β-SGR)も足で 引っかけて抜いてしまった。アチャ~
   サソリの頭部がでてきたので、撮影中(本日のメイン対象に考えていました)です。
   薄明まで時間がないのに!! ガックリ(;一_一)
④ 悪いっことが続きます。再度ぬけたケーブルを入れて、PHDガイドを始めて、EOSユー       テリティを立ち上げた。β-SGRでもう一度ピントだした。もう時間がない!!焦りました。
   これが、失敗!β-SGRは、RAW画像は受け付けないのでJPEGで撮ります。何とそのまま8枚撮ってしまいました。RAWを撮っていないことに、フラットを撮るときに気づきました。
  もう空は明るかったです。
以上です。

今回のトラブルで、解決しないといけないのは、カメラ側USB口の問題です。
  これは、以前から接続が甘いなと気づいていました。抜けやすいのです。

 ①12月にCANONに「らくらく修理便」にだしたが、修理センターから改造カメラだから 一切修理でき ないと返却された

②仲間の方から、修理窓口に直接出したら、何の修理かは忘れましたが、フィルター改造
  していても受け付けてもらったと聞いたので、

   今日、仕事で、名駅に行ったついでにカメラを持って、伏見の修理窓口に行きました。
  そこでの、対応です。
  ① USB口が甘くなっても、外的要因だから、無償期間であっても、無償対象ではない。
     修理費はかかる。
          しかもEOS6DのUSB口は、基盤毎替えないと修理できない。だから高価。
     修理費34000円位
  ② フィルター改造している(seo-sp4)から、フィルターを元に戻さないと修理できない
     フィルターを元に戻す費用約40000円
       
  従って7万以上必要!!!!!
       再度、seo改造したら、さらに費用アップ

    なんて対応!!! 購入後1年以内だから無償だろうと思っていたが、
        甘かった。USB口にテンションをかけるようなことは、無かったと思うが。

  _mg_0701_convert_20160210212129

 デジカメでの星撮影はCANONしかないと、銀塩時のnikonやペンタ67から全面的に乗り換えたが、再度検討する必要があるし、1社に限定は効率的と思っていたが、検討しないといけないと思う。ただ、他社も同じような対応するような気もする(-_-メ)けど…

遠征写真については後日。

          
   

« 遠征結果 NO.3  カタリナ彗星 | トップページ | FSQ106ED F3レデュサースケアリング調整 »

コメント

おつかれさまでした。
たしかEOS6DはWI-FI接続で画像転送がオプション追加で無くてもできるのでは。ここはケーブルでは無く無線でどうですか。EOSユーティリティのWI-FI接続行けそうでは。

そうでしたね!(^^)!
EOS6D2台体制でやっているので、1台有線、1台無線(スマホ)でできるかな
ただ拡大率が10倍ではなくて5倍になるとかの制約は、以前やった時にありましたが、何万もかけるより、現実的だから、やってみる価値が十分にありそうです。
ありがとうございます。

久しぶりにお邪魔したら、どえらい事になっているようでお気の毒に思います。

最近年のせいでミスが多くなっているように思いますが、暗い中で疲労も増してくるといつかは自分もと思う次第です。修理を出す前にフィルターを戻す作業は、SEOさんのところで安価にやってもらえるように思いますが、価格も併せて相談されてはいかがでしょうか。

自分も「急いては事を仕損じる」「急がば回れ」と唱えながら、スロームーブに人生を歩みたいと思います。

TMさんコメントありがとうございます。
根本的な問題は、EOSのUSB口だと思います。直しても再発する可能性が高いと思います。皆さんは、どうやってるのでしょうか?何回も抜き差ししたら、ゆるゆるになると思うのですが。
スロースローですね!(^^)!
今回は、ミスが重なったなぁ。自分でもビックリですわ。少しずつ解決していって、来月にはスムーズにいくといいです。
最近撮ってますか?

USB端子損傷 これは痛いですね。

修理代でFuji X-A2が2台買えます。

私の場合はUSB端子を接続するのはピント合わせ時のみ
(時々 外し忘れてテンションが掛かりヒャッとしますが・・・)
撮影はシャッターコントローラーから制御しています。
EOS Utilityは常時 信号をやりとりしていないようなので、接続したときに接触不良になっていると固まったり、Utilityが落っこちたりするようです。

簡単に直らないようなら、WiFiか試写でピント合わせして、リモートコントローラー端子を使うしかないですね。

GENTAさん、コメントありがとうございます。
ほんとに、Fuji X-A2が2台買えますね。修理はあきらめようと思っています。
とりあえずリモートコントローラー端子でやるつもりです。ピントは、GENTAさんやエムティさんが言われるWiFiですね。
気になってみると、他のCANON機も緩いような気がします(^_^;)
USB端子は、もっと丁寧に扱うような心がけが私には必要です。
シャッターコントローラーとリモートコントローラーは同じですか?

GENTAさん
シャッターコントロールは、リモートコントロールで、繋ぐんですね。
以前のブログを見直してわかりました。USBで繋ぐものと思ってました。
工作が、難しいそうですが、色々な機能が優れものなので、トライしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠征結果 NO.3  カタリナ彗星 | トップページ | FSQ106ED F3レデュサースケアリング調整 »