« 遠征結果 NO.2 | トップページ | M-GEN 新規採用 »

2016年2月24日 (水)

遠征結果NO.3 髪の毛~乙女座あたり

失敗続きの中で、唯一、順調にいった対象でした。ちょっと、写野をずらしましたが、自分のなかでは、久々の銀河群でした。多分20年ぶり位です。

Webnew21
真ん中がM90です。320mmの写野はひろいです。
2016年2月7日02:26~ 90秒×40枚 60分 ISO3200 FSQ106ED F3RD

« 遠征結果 NO.2 | トップページ | M-GEN 新規採用 »

コメント

オリオンの時には横縞ノイズありませんね。おかしいですねー。バイアスが変わったのかな? ダークとバイアスは分けて処理されてます? 

のんたさん、こんにちは
恥ずかしながら、ダークとバイアスを、わけて処理をする方法を知りません(^_^;)
ダーク作成と処理をLAP2でやってるだけです。
フラットとダークは、オリオンもこの写真も同じものを使ってます。ともに、明け方に撮ったものです。この日がトラブル多発したので、そうした訳でなく、いつもそうです。玉に途中でダークを撮ることもありますが、あまりしません。
のんたさんは山で撮るときどうやってます(非冷却の時)?

オリオンの時になくてそれ以降で横縞が出ているってことは、カメラの電源代えました?
電源を代えるとバイアスノイズの出方が変りますのでダークは取り直しとなります。

バイアスフレームは、露出時間のきわめて短い露出のダーク写真です。
横縞が写ります。(ダークフレーム)‐(バイアスフレーム)=ピュアダーク(横縞がないダーク)が得られます。このピュアダークフレームを使えば、
撮影スタイルによって電源を変えても、現地でバイアスだけ撮っておけば補正できます。
(ライトフレーム)-(ピュアダーク)-(現地のバイアス)=最適なダーク補正されたライトフレームが得られます。これのメリットは、現地で長時間のダークフレームをとる必要がなくなるので、早く帰れます!(^^)!

電源を変更していないとなると、カメラのバイアスの出方が何らかの影響で変ってしまった可能性があります。(故障も含めて)
一度ダークフレームを撮り直してみてください。

のんたさん、ありがとうございます。
返信遅くなってすみません。今月に入っては、休日出勤や新機種を導入した影響でまだ、撮りなおせていません。
やり直してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠征結果 NO.2 | トップページ | M-GEN 新規採用 »