« 天文ガイド デジタル初入選 | トップページ | 星は、見えません。 »

2016年6月 9日 (木)

5月12日遠征 再処理

九州から帰ってきたら、やはり、梅雨空で先週1日~3日を逃したのがいたいです。法事だから世のお付き合いですから、仕方ないですね。
5月12日遠征の北アメリカ~サドルの写真を再処理(勉強)してました。まだ、諧調が飛んでいるところはありますが、星雲マスク他をほどこしてみました。梅雨明けの本番でも、使えるよう何度か、やってみようと思っています。

Web_new23104





北アメリカ~サドル付近

2016年5月13日 01:37分から  2分×36枚=72分
APO-SONNAR 135mm F2.0→F3.5  EOS6D(seo-sp4)  ISO1600
sky-memoR  M-GENによる1軸ガイド
(データは前回アップと当然同じ)

*6/11 画像入替ました。いかがでしょうか?

« 天文ガイド デジタル初入選 | トップページ | 星は、見えません。 »

コメント

これは赤すぎでは。それに赤にメリハリが無いようです。その為に平坦に感じます。
どの部分の赤に諧調を割り振るかとGとBを生かすようにした方が良いと思います。もし作画意図が違いましたらすみません。なんか画像処理してないHα画像のように見えてしまいます。

エムティさん。コメントありがとうございます。
やはり赤すぎですよね。作品というより、ある方のブログを参考に赤い星雲を浮き出させて、星のレベルを落として、バックグランドをニュートラルグレーにやってみました。

まだ赤いような。散光星雲では無くスタークラウドみたいに星の密集が星雲のように見える部分まで赤くなっているように感じます。この状態で微光星の色が残ってますでしょうか。良いレンズで星が針で突いたような星像だと色を出すのは難しいのでしょうか。jpeg圧縮で見えなくなっただけですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天文ガイド デジタル初入選 | トップページ | 星は、見えません。 »