« 星ナビ  入選 | トップページ | Ai AF-S Nikkor ED 300mmF2.8D 星像テスト »

2017年9月 5日 (火)

天文ガイド10月号

この春に撮影した作品が載せてもらえました。
最近の晴れない空のおかげで拾ってもらったような物です。
全く期待していなかったので、本屋で見たときは驚きました。(+o+)

データとして総露出32分ですが、これは、2台ツインの合計なんで1台では16分(2分×8枚)
なんですよ。確かあとは曇ってきたと思います。
天ガの応募用紙には、ちゃんと書いたのですが見落とされたんです。まぁ普通ならツインの露出時間ではないですから、やむをえませんね。(^-^;
あと、年齢詐称です。64歳です。これは私が間違えました。
他には、スカイメモRですが、1軸ガイドです。自動ガイドと書くと2軸のようです。
カメラはSEO-SP4と書き忘れ、ノーマルカメラのようですね。
色々と誤解されそうです。
データはわかりやすくキッチリと書かないといけません!!以上反省です。

名だたる方に囲まれ肩身が狭いです。

New134

グレート・スター・クラウド

2017年4月30日01時11分~総露出32分(2分×8枚×ツインカメラ)
eos6D(seo-sp4) アポゾナーT*135mmF2(F3.5)
iso1600
スカイメモR(K-ASTEC強化仕様)1軸ガイドM-GEN    
PIXUS PRO10  キャノン光沢Proプラチナ
透明度 中 低空は悪

                       平谷  標高1500m

« 星ナビ  入選 | トップページ | Ai AF-S Nikkor ED 300mmF2.8D 星像テスト »

コメント

遅れてしまいましたが、入選おめでとうございます。
流石、1500mmの平谷 低空はカブリがあるようですが、私が撮りたい暗黒帯もたくさん写っていて参考になります。

ひろGさん入選おめでとうございます!
アポゾナーらしく解像度良く写されていて、かつ、ツインシステムで実質16分!で撮影出来てしまうとは日本の気まぐれな空にとてもマッチしたシステムですね。良いとは分かっていても、中々2台分揃える事は難しいです。

GENTAさん
コメントありがとうございます。
GENTAさんの参考になれて光栄です。
私も、もっと南の暗い場所に行きたいと思います。

のんたさん
コメントありがとうございます。
ツインとは言え、片側16分露出ですから、本当に短いです。
この情報が、ちゃんとわかっていたら採用されなかったかも知れませんね。
このシステムの本領が発揮できるような作品を撮りたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天文ガイド10月号:

« 星ナビ  入選 | トップページ | Ai AF-S Nikkor ED 300mmF2.8D 星像テスト »