« 2018年4月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年5月

2018年5月20日 (日)

5月10日遠征

先週木曜日、平谷へ遠征にいきました。翌金曜夜の連荘も視野にいれての遠征でした。
金曜の勤務は休みを入れてました。結果的には一晩で疲労困憊で帰りました。もう若くないです。(当たり前ですね)
平日の夜でも数名の方がおられ、わが中天メンバーもTさん、MさんにAさんも来られ、私も入れて4名と過半数を占めて一大勢力?リタイヤ組の活力は、健在です。

私の機材は、若干構成を前回から変更し、EM10に6DApoSonnarTWIN+M-GEN、P-2の方は、セットする時間も少なかったので、ノータッチガイド。今回は名玉TAMRON SP Di AF 90mm F2.8 MACRO いわゆるタムキュー ポートレートや花のマクロ撮影によく使用されているものです。昨年ヤフオクでお花の撮影用に入手したもので、星には初使用です。ただ、どうも2代前の機種のようで、フィルム時代の物です。結果、この予想が当たって色にじみがきれい!!な星野写真となりました。
6DとApoSonnarTWINは、メインは白鳥中心部です。2枚モザイクにすると、タムキュー(90mm)もほぼ同じ範囲になるので、比較の為、同じ写野にしました。

まづタムキュー
Web_mean103

5月10日01:16~ 2分×40枚=80分
D810A TAMRON 90mmF2.8(F3.5)  P-2 ノータッチガイド

6D APOSONNAR TWIN
Web_new13_stitch_2




EOS6D APONNAR135mmF2.0(F3.5)TWIN  ISO1600
南北2枚モザイク
北側
  5月11日0:52~ 2分×20枚×2台=80分
南側
       〃   02:35~ 2分×15枚×2台=60分
南北で露出枚数が違うのは、薄明になったためです。事前にちゃんと調べておけ!という事ですね。薄雲が通過したため、デネブなどの輝星が滲んじでます。

反省

昨晩5月19日のGPVには、振り回されました。一昨日までは出撃のつもりでしたが、昨日お昼頃のGPVで悪化の方向だったので、取りやめ、のんびりしてたら、夜になっても自宅辺りが曇らないので、再度、見たら、一晩晴天となっていました。ちょっと一杯飲んでしまったので、ベランダで3惑星をHD800で覗いてましたが・・・。
空の事は、やはりわかりませんね。特に昨晩のような晴れと雲の境界線辺りでは、まづ行かなければなりませんね。何年も同じ事ばかり言ってるような気がします。

 

4月21日の遠征

一か月ほど前の遠征です。
今年初めての平谷で、結構、賑わっていました。金曜の夜でしたので、仕事終わり速攻で行きましたが、南側はすでに場所なしで北側に陣取りました。私の後にも何人かが来られて満員御礼に近かったと記憶?しています(一か月前なんでうる覚え)。

機材は2セット。P-2に6Dアポゾナー135TWIN 、EM10にD810A+300mm
ApoSonnarで、へびつかいの散光星雲1っ本。サンニッパでは、有名どころを気ままに撮影しました。結論から言うと蛇使いの方は、物になりませんでした。南北2枚モザイクをtwin体制で2分×45枚=90分×2×2=360分でしたが、技術力のナサで撃沈。空の問題も多少あるとは思いますが、技術力アップ?して来年やり直しです。

サンニッパの方で撮影したS字辺りのです。
2分×16枚=32分露出 iso1600 300mmF2.8を3.5に絞ってます。

Web_smean63

4月21日 0:30~2分×16枚 露出計32分
  D810A NIKKOR300mmF2.8(F3.5) iso1600

                           平谷

« 2018年4月 | トップページ | 2018年10月 »